和歌山高等美容専門学校

学科・コース紹介

働きながら国家資格取得を目指すコースです。

美容師国家資格を取得するためには、厚生労働大臣が指定した美容師養成施設(美容学校)を卒業して、美容師国家試験に合格しなければなりません。本校は和歌山県で最初に県の認可を受け、厚生労働大臣が指定した美容師養成施設であり、本校在学中(卒業見込み)に美容師国家試験の受験が可能です。

本科との違いは、本科の修行期間が2年間なのに対し、通信科は3年間となります。通信科の生徒はサロンで働きながら自主学習をし、指定された日に登校することになります。

通信科カリキュラム

  • 通信教育によるレポート提出(通信授業)

    学校へ登校して受ける面接授業(スクーリング)
    通信授業については、教科書は(社)日本理容美容教育センターよりご自宅または勤務先へ配布され、勉強した内容をセンターに提出し、添削・採点を3年間で39回受けます。(中卒者は48回)

    面接授業は3年間で315時間あり、指定日に通学します。

    卒業証書は通信授業と面接授業の成績を総合的に判断した上で授与されることとなり、卒業(見込み)者には美容師国家資格の受験資格が与えられます。

スクーリングの単位数・時間数

tsushin_02

授業内容

美容室で働きながら美容師免許取得を目指す

通信授業については、教科書は(社)日本理容美容教育センターよりご自宅または勤務先へ配布され、勉強した内容をセンターに提出し、添削・採点を3年間で36回受けます。(中卒者は45回)

面接授業は3年間で315時間あり、指定日に通学します。

卒業証書は通信授業と面接授業の成績を総合的に判断した上で授与されることとなり、卒業(見込み)者には美容師国家資格の受験資格が与えられます。